貸切バス・観光バスの体験談

貸切バスの旅之助.jp ホーム ≫  お知らせ・キャンペーン情報


ブログ

新東名高速道路の新規開通区間を歩くバスツアーに参加

38歳職業はデスクワーク、職場までは車通勤。
最近は運動不足で、自分の足で歩いて行動する…という記憶が殆どない。
以前は60分の電車通勤も余裕だったのにも拘らず、最近は面倒で何かと車に頼りがち。
そんな時に目にしたのが、「新しい道路を歩いてみませんか?」という広告だった。

なんでも、2016年2月、愛知県に誕生する新東名高速道路の新規開通区間を、徒歩で歩いてみようということらしく、バスツアー企画だった。
「新しい高速道路を車が通る前に徒歩で歩くことができる」というのがこのツアーの売りで、片道3kmを徒歩で完走しましょうという、運動不足の私には持って来いのバスツアーだ。

しかし、バスツアーなのに現地で歩くなんて…という少々矛盾しているような気がしなくもないが、「高速道路を徒歩で」という言葉に惹かれ、参加してみることにした。今回が初参加。一体どんなツアーになるのやら。

集合場所は名古屋駅。歩く区間は、道の駅もっくる新城~新東名高速道路 長篠設楽原パーキングエリアまでの約3kmという私にはハードな距離である。

早朝7時30分集合、バスが出発する名古屋駅に着くと、かなりの人だかりができていた。バスツアーは非常に人気で、バスを5台増加させたとのこと。この企画そんなに人気があるの?!

受付を済ませ、バスに乗車する。今回のツアーはおよそ7000円。お昼のお弁当付き。
普段自分が運転する立場のため、誰かが運転する車に乗るのは実に久しぶりである。見慣れた景色を車窓から眺める。それはいつもとは違う感覚だ。「バスツアーもいいな。」と思った。

そのうち車内でお弁当が配られ、「好きな場所で食べても良いですよ。」というアナウンスが流れたのだが、思っていた以上に道路が渋滞しており、現地に辿り着けないという事案が発生。

実は今回の企画、他のツアー会社でも募集をしており、東は東京、西は大阪のツアー会社が一斉にこの日を指定に企画をしたらしい。そのため道路は大渋滞。現地に辿り着いた時間は、予定時刻より1時間も遅れて到着した。

外は晴れているので、本来ならば新しく完成する予定の道路でお弁当を広げて食べたかったのだが、時間が足りなくて渋滞中のバスの中で食べることになった。お弁当は豊橋名物のおいなりさん弁当。
予定時間に到着できない、これもまたツアーの醍醐味なのだろうか…と自分を言い聞かせながらお弁当を食べる。

お弁当が食べ終わる頃には今回のウォーキングスタート地点である、道の駅もっくる新城に到着した。おなかもいっぱいになったことだし、いよいよ自分の足で3km歩く企画がスタート。

最初の1kmは意外と余裕でクリアできた。道路の幅は非常に広く、とても綺麗に整備されてる。普段じっくりと見ることのできない高速道路の料金所を見たのだが、職員用の通路や地下へ続く階段など、実に様々なギミックが高速道路の料金所にあることを知るきっかけになった。
また、道路標識や看板は間近で見ると圧倒されるほど大きく、高速道路の広大さにテンションが上がった。

1.5km程歩いたところで後ろを振り返ると、スタート地点である、道の駅もっくる新城の駐車場が見えた。「まだあれだけしか歩いていないのか。」ということに気づき、少々焦りを感じる。
ウォーキングを楽しんでいるというよりは、景色を眺めることに注力をしすぎて、3kmの距離を自分はどれだけの時間とスピードで歩くことができるかという予想ができていなかったのである。

少々小走りに歩くと非常に疲れてしまった。それもそのはずである。高速道路は人が歩くように設計はされていないため、ウォーキングには適さない路面状態であるからだ。ウォーキング用のシューズを履いていても、足にくる負担が大きい。
しかも運動不足ときたもんだ。季節は秋から冬に変わるシーズンであったが、大量の汗をかいてしまった。
しかし、初めて見る景色と、初めて歩く新しい高速道路の質感は非常に楽しく、あっという間に時間が過ぎた。「たまには運転せずに歩くのも悪くない。」そう思った瞬間だった。

この区間は高速道路が開通してしまったら二度と歩くことができない。今度は今来た道のりを車で走行してみよう。果たして自分の足で歩いたときと同じ感動を味わうことができるかな。そんな事を考えながらゴールのパーキングエリアに辿りついた。

ネットお見積もり 24時間受付中

FAXお見積もり 24時間受付中

お電話でのお見積もり 受付時間 9時~18時
050-3801-1672

貸切バスの料金・見積り

お電話でのお見積もり 受付時間 9時~18時
050-3801-1672

ネットお見積もり 24時間受付中

FAXお見積もり 24時間受付中

Copyright(c)Maat Co.Ltd All rights reserved.